新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 小千谷IC ヤン気ま建物探訪/小千谷の老舗・東忠

17年6月15日 ONAIR

   
川側の入り口。 ・ここが正門。
江戸時代の母屋。 洋風なランチスペース。
なんなん?この階段! 河井継乃介らが、昼食をとった部屋。
料理もスゲ~! あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は、「建物探訪シリーズ」です。

 小千谷の地で、江戸時代中期創業の「割烹 東忠」さんです。

 経営の母体が変わって、この5月からリニューアルOPENしたってんで行ってまいりました!

 まずは歴史的背景から・・・。

 北越戊辰戦争の一場面、長岡藩の河井継乃介と新政府軍の岩井精一郎が、同市・慈眼寺で会談。

 新政府軍のあまりの横暴さに交渉は決裂!

 その帰路、昼食に立ち寄ったのがここ「東忠」さんなのです。

 「河井さん!あんな生意気なガキ共なんざ、やっちまいましょうよ!」

 「そうだそうだ!一戦あるのみです!」

 なんて言葉に、当初非戦派だった河井の心が動いたのが、東忠の一室だったのかもしれません。

 入り口は2か所。

 川側から庭を通って入る入り口と、坂を登って入る入り口とあるのですが、どうやら坂側が正門みたい。

 暖簾をくぐりますと、本日の御案内人・大熊さんがいらっしゃいました。

「いらっしゃいませ。こちらの母屋が江戸時代の建物です。」

 ってことは、河井さんも同じ光景を眺めていたのかな?

「何度も増築を繰り返しているので、中も変わった造りになっているんですよ。」

 確かにね、外から見るより、内部は広く感じますね。

「もともと、芸者さんなんかも来るお店だったので、他のお客様に会わないように、こういう込み入った造りになっているとも言われています。」

 そうか、ファッションホテルとかと同じ気配りね。

 階段なんかも凄いよ!

 一か所から、3方向に延びてる階段があって、どこに続いてるのか初見では分からない!

 通路もいろんなトコと繋がってるから、ちょっとした迷路みたいになってる。

「んで、大熊さん。河井さんが昼食とった部屋を見てみたいんですが!」

「はい。ではご案内します。」

 いくつかの謎の階段と通路を抜けると、おそらく3階の一番奥の部屋が、かの歴史の舞台でした。

「ほぉ~~~!確かに雰囲気あるな~。」

 広さでいえば、6畳間くらいでしょうか。

「意外と狭いな~。」

 ここで長岡藩士の熱い議論が交わされたわけか~。

 おそらくあのベランダ的なトコに河井さんがいて、藩士の話を聞いていたのかな・・・。

 歴史ロマンを感じる一室でありました。

 さて、東忠さんの本業は割烹!

 美味しいランチをいただきましょう!

 みなさん、だいたいランチでおいくらくらいと思う?

 老舗割烹だから、安く見積もっても5000円とかかな?って思わない?

 ズバリ1200円からランチ御前が楽しめるのです!

 ソバなんて750円ですぜ!!

 しかも、いちいち全部美味い!!!

 綺麗なお庭を眺めながら、おいしいお食事・・・最高です!

「お客様のほとんどが、女性の方なんですよ。」

 そ~なんか、確かにさっきから女性の客さんしか見てないな~。

「建物内にカフェもありますので、みなさんゆっくりくつろいでいかれます。」

 う~ん、居心地良すぎて、帰りたくなくなるのも分かる。

 リニューアルして格段に入りやすくなった小千谷の老舗!

 みなさんも堪能してみてください!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:居・食・亭 東忠
住所:小千谷市元町11-11