新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 上越IC 新潟偉人探訪ドライブ/前島密記念館

17年12月7日 ONAIR

   
前島密の像 館長にご案内いただきます。
K氏、Aちゃん、なっぽちゃんが見当たらない! 幕末に、前島さんが勉強したノート。
全体の雰囲気です。 年表もでかい!
大久保利通からの書簡。
愛用の尺八。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は「新潟偉人探訪ドライブ」です!

 やってまいりましたのは、上越市の「前島記念館」

 日本郵便の父といわれる前島密さんの記念館です。

 ご存知の方も多いかと思いますが、前島さんは上越市の出身。

 ご案内いただくのは利根川館長です。

「この記念館は、前島密の生地に建てられてるんですよ。」

 なんでも、この辺の農家の出身なんだって。

「今では考えられませんけど、12歳の時に一人で江戸に出たんですよ。小学6年生ですよ!それからほぼ独学で、様々な知識を身に着けていってんです。」

 当時のノートも展示されていますが、実に幅広く勉強されていたようです。

 学校のない時代、いったいどうやって勉強してたんすかね?

 興味の尽きないところですが、この辺から、K氏の姿が確認できなくなります。

「ヤンさん、前島密といえば?」

「まぁ、郵便の父?」

「そうなんですけど、それだけじゃない!いろんなことをやってるんですよ。」

 聞きますと、日本通運、スポーツ報知、JR、某大手海運会社などなど、その前身は前島密が関わっているのだとか。

 しかも、権力や富に執着が無く、財産を残さなかったらしい。

「早稲田大学もまた、前島密の存在がなければ、今どうなってたか分かりません。」

 ふむふむ、教育者としても学校運営の立場としても一流だったと・・・。

 早稲田大学から送られた感謝状なんかも展示されてまして、興味も尽きないところですが、この辺でAちゃんとなっぽちゃんがステルスモードに移行。

 この後、肉眼では確認できなくなりました。

 ちなみにこの前島密さん、幕末の偉人・坂本竜馬と同い年。

 幕末から明治維新にかけて活躍した偉人たちとも交流があり、大久保利通などから届いた書簡も、数多く展示されております。

 なかでも目を引かれたのが、「前島先生」宛てに書かれた、有栖川宮の書。

 皇族の方に「先生」と言わしめるって凄いよね!

 一通り見学させてもらって思いますに、結局この前島密って人は、何ものなんでしょうか?

 実業家であり役人。

 教育者であり政治家。

 さらには、男爵の爵位も持っているので、貴族でもあるわけです。

 なかなかこんな人いませんよね。

 では、ようやく姿を現したK氏に本日のまとめを!

「・・・おもしろかったっすね!僕、歴史好きなんですよ!」

 代理店の営業さんって、こんな人種だよな・・・・ってのが再確認できたところで、今週はお開き!!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:前島記念館
住所:上越市下池部神明替1317-1