新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 三条燕IC 工場見学ドライブ

18年3月22日 ONAIR

   
井関新潟製造所。デカい!キレイ! まずは見取り図で見学工程を確認
女子でも楽々操作!”さなえ”歩行型田植機 プロジェクションマッピングでISEKIの歴史を学べます
これが ”さなえ” 初号機「PF20」 VRで最新の田植えを疑似体験できます
ロボットの操縦席みたいでテンションアップ!
農業の未来を支える男達!あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 段々あったかくなってまいりまして、ややもすればもう田植えシーズンです!(気が早い?)

 そんな田植えシーズンに大活躍っつったら「田植え機」ですよね。

 新潟県民にもおなじみのISEKIの「さなえ」が、実は新潟で製造されているって知ってました?

 知ってしまったらもう行くしかない!

 向かいましたのは、三条市にございます「井関新潟製造所」

 こちらでは、工場見学&隣接のギャラリーの見学ができるのです。

 

 まずは工場見学から!

 こちらでは「さなえ」をはじめ、様々な農業機械が、ラインごとに製造されております。

 アタシの第一印象は・・・意外に人が多い!

「一部、溶接などの単純作業は機械化してますが、やはり細部は職人の手でおこなっております。」

 なるほど。

 機械の進歩もめざましいものもありますが、人間にはかなわないのですね。

「さなえを一台作るのに、部品ってどのくらい使われてるんですか?」

「そうですね~、だいたい2万5千くらいですね。」

 マジか!

 たしかに、各ライン別に分けられた部品の棚がすごいことになってます。

 全国、または海外から集まってくる部品を、ここ新潟で組み立ててるって、なんか誇りに思うな~。

 そんなこんなで、約30分の工場見学終了。

 次は、お隣のギャラリーへ。

 入口入りますと、巨大スクリーンと演題があるスペースに。

 なんだかジョブス氏とか演説かましそうな雰囲気です。

 ここで、ISEKIさんの創業からの歩みや、その心意気を映像で見ることができます。

 プロジェクトXみたいな、かっこいいVTRでしたよ。

 そしてその横には、

「あ~~~~~っ!これこれ!」

 なぜIこうさんが大興奮しているかと言うと、「さなえ」の初号機が展示してあるのだ!

「このCMにさ~、桜田淳子ちゃんがでててさ~。」

 うんうん、そんな思いであるわ。

 すると担当者の方が、

「CM見れますけど・・・見ます?」

「見ます!見ます!」

 「さなえ」をはじめ、懐かしのISEKIのCMオンパレードです。

 桜田さんをはじめ、おしんの小林綾子さん、ジャンボ鶴田さん、そして地元三条出身のジャイアント馬場さまetc.

 すげ~ぞISEKI!

 

 ここまではISEKIさんのノスタルジックな部分でしたが、ここで最新のマシンご紹介しましょう!

 ギャラリーにも展示してある最新式の田植え機・・・これが凄い!

 可変施肥田植え機っつって、土壌センサーで読み取った土の情報を自動的に解析!

 栄養分が少ないトコには、肥料を大目に。

 逆に栄養過多のトコには、肥料を少な目orまかない。

 これを自動でやってくれるのです!

 ご存じのとおり、新潟市は農業特区になってますよね?

 そんな絡みで、このシステムを試してみたところ、稲が倒れたりすることもなく、素晴らしい成果が出たそうです。

 また、GPS対応の機種もあって、運転に不安な方のフォローも万全!

 ある意味、ハイテク&自動運転なんかの技術は、乗用車を超えてるかもしんない。

 今の農業機械ってすごいんすね!

「創業当時から『農家の負担を少しでも少なく』いいものを作り続けたい!」

「これから就農する若い方も、色々不安もあると思いますが、我々もハードの面で支えていきますので、農業やってほしいですね!」

 担当者の皆様からも熱い言葉が続々!

 この熱意と技術があれば、新潟の農業も当分安泰かな?と納得したのでありました!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:(株)井関新潟製造所
住所:三条市西大崎3-12-23