新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 越後川口IC 新潟の匠に学ぶドライブ/十日町市

18年5月17日 ONAIR

   
色を作りながら塗りましょう。 お庭がキレイっすね!
綺麗な振袖。 しぼりのみのお洒落着。
おかぴー似合うわ。 こっちも似合うね。
できました!
あざした!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は、「新潟の匠に学ぶ」ドライブ。

 お邪魔しましたのは、関越道・越後川口ICから30分、株式会社 桐屋(翠山工房)さんです。

 さすが着物の町十日町、こちらでは「手描き友禅」の体験が出来るのです!

 また桐屋さんの建物がすごいんさ!

 外観は近代的なビルなんだが、内部は庄屋様のお屋敷みたいな感じ!

 立派な梁や柱に目を引かれます!

 お庭も素晴らしい眺めであります!

 そんな環境の中で、手描き友禅に挑戦です。

 すでに目の前には、桜柄のタペストリーが。

 ところどころ染色されていない白い部分があるので、そこを染め付けていくわけですな。

「この筆で塗っていくんですが、色が「青」「黄」「ピンク(赤)」と、水しかありません。」

 むむむ?三色しか無いの?

「例えば、桜の花びらはピンクですよね?塗った後に、青を足すと・・・紫になります。」

 なるほどそういうことね!

 色の三原色で、必要な色は作っていくと!

 さくらのはっぱの緑は、まず黄色を塗ってから青を塗ればいいんだ。

 またその緑も、青を多めにするか、黄色を多めにするかで色合いが若干違くなる。

「あと、水を使ってぼかします。」

 あらかじめ塗りたい所に水を塗っておきますと、染料がジワ~っとにじむのです。

 ピンクが段々と薄くなって、綺麗なグラデーションになるわけですね。

 わずか三色の染料ですが、工夫次第で無限の表現が出来そうであります。

 ただし!アタシに関しては、今回の工夫はほぼNOTHING!!

 見たまま&イメージ通りの桜を描いてしまいました!

 そんな中異才を発揮したのがオカピー!

 どこの国からやってきたんだってくらい、カラフルな作品を制作!

 社長さんも、

「南国方面の外国の方が、よくこういう風に描きますね~。」

 たしかにトロピカル極まりないわ!(笑)

 

 では、染料が乾くまで、社長さんにお着物を見せていただきましょう!

 建物の中には、きれいな着物が多数展示されております。

 特に2階のスペースは、お高そうなものが多い!

「辻が花染ってのは、この絵柄とこのしぼりが大事なんですよ。」

 そうなんです、しぼりなんですよ!

 一見すると「しわ」?

 って思っちゃうけど、これは意図的に加工してある「しぼり」なのだ。

 主に絵柄の部分に施されていて、すごい立体的に見えるのです!

「伝統的な絵柄じゃなく、しぼりだけのものもありますよ。」

 う~~ん、これもいいな~。大人のおしゃれ訪問着って感じっすかね。

「ちょっと羽織ってみます?」

 ってことで、おかぴーをモデルに、振袖と訪問着のファッションショーです!

 おかぴーも結構着物体型なのか、どちらもお似合いでございました。

 詳しくは、本日の画像で!

 

 そんなこんなしておりますと、先ほど染色したタペストリー完成!

 なかなか綺麗に出来たんで、どこに飾るか悩むトコですな!

 

 所要時間も30分~1時間くらいですし、自作のお土産も持って帰れるんで、十日町方面のドライブのお立ち寄りスポットとしては、かなりお勧め!

 なんだったら、振袖買って帰ってもいいしね!(笑)

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:株式会社 桐屋
住所:十日町市昭和町1