新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 塩沢石内IC 3年に1度のアート祭典!大地の芸術祭 パート1

18年8月16日 ONAIR

   
足湯がアートだと!? あそこから外が見えたんだな。
ライトをつけるだけで、不思議空間! 「表裏一体」の方が、しっくりくるな~。
後ろのテントとSETになってる作品。 シュールだな~。
豚のサーカス団に入団?
「大猫行列」は分かりやすい。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は、十日町市と津南町で3年に一度開催されております世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭~越後妻入アートトリエンナーレ」にやってまいりました!

 今回も一応「説」がありまして、「素人には、解説がないとアーティストの意図がくみ取れない説」

 だってアタシの経験上、解説を聞いても「・・・?」な作品が多いんですもの!

 

 んで、ご案内いただくのが、実行委員会の石井さんと宮澤さんです。

 まずは石井さんのご案内で、清津峡へ!

「清津峡の中にも、話題のアートがあるんですが、まずはこちらから。」

 うながされるまま、おしゃれカフェの2階に向かいます。

「なにこれ~~~!?」

 なんと足湯がありますがな!!

 屋根が三角になってまして、天井に設置された鏡で外の景色が見えるようになっております。

「これで作品なん?」

「はい。これはペリスコープと言いまして、足湯に浸かりながら外の景色を楽しめる作品になっています。」

 足湯に浸かりながら景色見るんなら、いっそ壁をとっぱらっちまえ!と思うのはアタシだけ?

「座る場所によって、色んな角度で清津峡を楽しめるんですよ。」

 なるほど~~・・・、さっそく意味分からんぞ。(笑)

「次は清津峡トンネルの中にある、今SNSで超話題の作品をご紹介します。」

 清津峡トンネルは、清津峡の景観を楽しむためだけに作られた、完全観光トンネル。

 長さは700mほどですが、途中何か所か見晴らし所みたいなトコがあって、そこからの景色を楽しみます。

 中間地点くらいの見晴台にあったのが、銀色に輝く物体。

 カプセルハウスが銀色になった感じね。

「さあ、これはなんだと思いますか?」

 と言われても分からんので、ひとりずつ中に入って確認です。

 実はこれトイレ!

 外壁がマジックミラーになっていて、外からは見えないけど、中からは丸見えのトイレなのだ!

「作品名は・・・特についていませんね。」

 んじゃ~ってんで、我々でネーミングを考えたんだけど、どうもしっくりこない。

 アタシに至っては「MM」しか思いつかなかったからね。

 度肝を抜いたのが、ガメちゃん命名の「解放」!(笑)

 そりゃ、開放的に解放するんだけどさ!

 

 さらに奥に進んで最深部が、清津峡の目玉作品です!

「おおお~~~!こりゃすげ~~!!」

 半円形のトンネルの下部に水が張ってあって、遠目で見ると水面を人が歩いているようにも見える。

 山中湖に写る「逆さ富士」みたいな感じね。

「石井さん、作品名言わないでください!我々で当てますから!」

 これは作品の意図するところがイメージしやすいので、名前も当てられるんじゃなかろうか。

 Kさん「・・・ゲート。」

 うんうん、イメージ分かりますよ。

 ヤン「万華鏡」

 アタシ、センスね~わ!

 竹内体育「表裏一体」

 お~!なんかピッタリな気がする!

 「じゃあ石井さん、正解は?」

「はい、ライトケーブです。」

 ライトケーブ?光の洞窟?

 じゃあ、下の水面は関係ないの?表裏一体のほうがよくない?

 やはりアーティストの考えることは、素人には理解できないのか!?

 

 場所を変えましてやってきましたのが、川西エリアのナカゴグリーンパーク周辺の「里山アート動物園」。

 こちらのご案内は、宮沢さんでございます。

「ここはその名の通り、沢山のアーティストさんが動物をテーマに作品を作っています。」

 うん、動物ならさすがに意図をくみ取れるだろうってことで、またも作品名当てに挑戦っす!

 分かりやすいのもあるんすよ、「青いヘビとカエル」とか「メエ~メエ~ちゃん」とかね。

 ただやっぱり分からんのも多数!

 巨大なウサギの頭部に、奇妙な柄が描かれてる作品は「好きなものだけ集める」・・・理解できないもの。

 凶暴な白いムーミンみたいなやつが、あおむけに寝っころがってる作品名なんだと思う?

「ヒントは、ゆるい感じ。まあ見たまんまかな。」

 う~~~ん、と言われてもな~。

「ニート」

「違います。ヒント!〇〇ない。」

「仕事がない。」

「やる気がない。」

「正解は、考えない。」

 言われてみれば理解できるけど、やはり素人が直感で当てるのは無理なのか?!

 すると前方に二本足で立って、両手を広げている熊の彫像が!

「あ~分かった!とうせんぼ!」

「おしい!」

「んじゃ~、ともだち!」

「正解!!!」

 やった~!当たってしもた!!数打ちゃ当たるもんだね!(笑)

「でもやっぱ、解説がないとアーティストの意図が伝わらないのは事実だよな~。」

 すると宮澤さんが好いことを。

「それでいいんですよ。みなさんそれぞれ色んなことを感じてもらえばいいんですよ。楽しかったでしょ?」

 確かに!

 意味は理解できなかったけど、みんなでああでもね~、こうでもね~って考えながら作品見るのも楽しかったわ。

 そうか、無理矢理分かったような気にならなくても、自由に楽しむのが芸術なのですね。

 みなさんもああでもね~&こうでもね~で、大地の芸術祭りを楽しんでみませんか??

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:ペリスコープ/ライトケーブ
住所:「清津峡渓谷トンネル」十日町市小出癸2126


ドライブポイント:里山アートどうぶつ園
住所:「ナカゴグリーンパーク」十日町市上野甲2924-28