新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 六日町IC 3年に1度のアート祭典!大地の芸術祭 パート2

18年8月23日 ONAIR

   
キナーレ到着! 小学生が自作のパンフを配布中!
いろんな屋台もあるよ。 ライトケーブみたい・・・。
いろんな方丈があるね。 子供に大人気の光アート。
「ザ おこめショー」
おにぎりも弁当もうんめ!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 先週に引き続きまして、「大地の芸術祭~越後妻有アートトリエンナーレ」の注目作品をご紹介します。

 今週はメイン会場の一つ、「越後妻有 里山現代美術館・キナーレ」をご紹介します。

「今キナーレでは、2018年の方丈記私記という企画展をやってまして、いろんな作品が展示されてますよ。」

「方丈記って、教科書にも載ってるヤツですよね?」

 石井さんによりますと、方丈ってのが4畳半の意味で、そこで考えた様々なことを記したのが方丈記。

 なので、4畳半のスペースを使って、アーティストたちがいろんな表現をした作品を集めて「2018 方丈記私記」なのだそうな。

 館内に入りますと、確かにいろんな4畳半があるわ!

 全部藁で作られたもの、タコの吸盤だけでできた部屋、子供に大人気・光アートの部屋、DJブースみたいな部屋・・・。

 中には、本当に営業している4畳半スナックなどのお店屋さんもありましたよ!

「あと、こういうアーティストさんがやってる屋台も何軒かあるんですよ。」

 そうそう、何か所かスイーツやお茶を楽しめる屋台があって、アタシらもスイーツとお茶で小休憩。

 休みながら自分のペースで鑑賞できるのはいいね!

 すると突然少年BOYが表れて、

「これ、僕たちで作ったパンフレットなんですけど・・・。」

「パンフレット?」

 目をやりますと、地元の小学生が作った手作りパンフレットが!

 大地の芸術祭の作品紹介や、見どころが実に丁寧に書いてあります。

「なにこれ?学校のみんなで作ったの?それをここで配ってるの?」

「はい。そうです。」

 へ~、夏休み返上で、地元のイベント盛り上げるために頑張ってるのな!えらい!

「地元の方々が、こうやって盛り上げてくれるのはありがたいですね。」

 その通りですね。

 

 最後は、風変わりなイベント(?)のご紹介。

 キナーレ2階の飲食スペースで開催中の「ザ おこめショー」

「なんなん?おこめショー??」

「日に何回かこのスペースで、アーティストの方によるおこめショーが行われるんです。」

 お米を使った大道芸とかすんのかな?

 ふたを開けてみたら、全然違った!

 伝次郎先生の科学ショーのお米版だわ!

 十日町・津南で採れたお米の食べ比べや、おいしいお米の作り方&食べ方講座って感じかな。

 お米の育ち方や、土地や生育方法による味の違いをお勉強した後、いよいよ食べ比べです。

 十日町・中里・津南・川西の各地域で採れたお米の食べ比べをするんですが、これが正直難しい。

「おそらく②のお米が一番粒がはっきりしていると思うんですが・・・。」

「③のお米は、食べてすぐ甘く感じると思うのですが・・・。」

 さっぱりピンとこない!(笑)

 硬さや、噛み心地の違いは分かるものの、味は難しいな~。

 食べ比べが終わると、おいしいと思ったお米のおにぎりを二ついただいて、お弁当タイムです。

 このお弁当も、妻有地域の郷土料理が入っていて、とっても美味しかったす!

 

 大地の芸術祭の主役は、あくまでもアーティストのみなさんとその作品なのかと思ってましたが、地元の方々もしっかり芸術祭を支えていらっしゃるのですね。

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:越後妻有里山現代美術館 キナーレ
住所:十日町市本町6