新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 長岡IC 醸造の町・長岡摂田屋地区をまち歩き

18年10月25日 ONAIR

   
「越のむらさき」さん。 昔の写真いっぱい!
「機那サフラン酒本舗」さん。 すげ~蔵!
これが「鏝絵(こてえ)」か~。 「星野本店」さん。
3階建ての土蔵!
山谷さんあざした!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は長岡市の摂田屋地区を町歩き!

 摂田屋地区は、江戸時代から続く醸造の町。歴史ある建物がいっぱいです。

 ご案内いただくのは、長岡観光ボランティアガイドの山谷さん。

「摂田屋の建物は、戊辰戦争や先の空襲の被害を免れていて、有形文化財になってるものも多いんですよ。」

 目の前の建物もその一つ「越のむらさき」さん。

 大きな煉瓦の煙突が目立つ、木造建築です。

「この煙突も、三分の一くらい無くなったんですよね~。震災で・・・。」

 ちょっと前まではもっと立派だったんすね。

「あと、この目の前の通りは三国街道です。摂田屋は天領だったので、参勤交代のお殿様も下馬して通行したんですよ。」

 へ~、摂田屋って天領だったのか~、だから商売が盛んだったのかもね。

建物前にある由緒正しいお地蔵様を見学して、いざ内部へ!

「いらっしゃいませ~。」

 ここからのご案内は、越のむらさきの御嬢さん。

「うちの醤油は新潟県で1位なんですよ。」

 越のむらさきって言えば、普通にスーパーにも売ってるお馴染みの醤油ですが、品評会で一番を獲った商品もあるそうです。

 昔の写真や、訪れた有名人の写真を拝見して次へ!

 

 つづいては、長岡が誇る建造物「機那サフラン酒本舗」。

 ここで目を引くのが蔵の扉に描かれた「鏝絵(こてえ)」

「ふつう彫刻といえば、彫って表現してますけど、これは盛って作られてるんですよ。」

 おそらく漆喰(?)を使って、鏝で絵を描いてるんだって!

「色もきれいに塗られてますね~。」

「これ塗ったんでなくて、材料に色を混ぜてぬってるんですよ。」

 ほえ~、今じゃ見ないスゲ~技術だわ~。

 十二支の動物や、縁起のいい神様など、絵柄のバリエーションも豊富!

 こちらの建物を管理している方にもお話聞きました。

「実はこの建物は、最近まで知られていなかったんですよ。」

 なにせ個人所有の建物ですからね、凄いらしいが見たことない状態だったらしい。

「当時のご主人が、普請道楽だったようで、生涯をかけてこの建物を作ったのです。」

 もはや長岡のガウディーですよ!

「庭も凄いんです!ほら、この噴水!」

 たしかにスゲーわ!

 この時代にこの噴水!庭!建物!!

「なんとかこの素晴らしさを、みなさんにも知ってもらえるよう、今頑張ってるところです。」

 ふむふむ、どこぞの役所の偉い人が見ていただいてたら、是非予算つけてあげていただきたい!

 

 最後は「星野本店」さん。

 こちらも醤油&味噌を製造している醸造メーカーです。

「ここでは、登録有形文化財になっている3階建ての土蔵が見学できます。」

 内部に入ってみますと、2階まではほぼ吹き抜け。

 こんな感じの蔵を改造したカフェ見たことあるわ。

 一般の人は、階段を上って上の階には行けませんが、確かに3階に続く階段は確認できます。

 3階までの蔵って、いったいどんなお宝を保存してたんすかね?

 

 見学が終わりますと、お店で味噌&醤油の試食会!

 アタシが気に入ったのが、薄めるだけでOKの白ダシ!

 これマジで美味かった!

 アタシも買って帰って、その夜おでん作ったこってさ!

「今日はあんまり時間なかったので、他にも見てもらいたい所いっぱいあったんですけどね・・・。」

 山谷さん、ご案内ありがとうございました!

 今度は時間たっぷり作って、また遊びに来ま~す!!

今週のプレゼントに醤油をはじめ、いろいろ購入しましたんで是非ご賞味ください!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:越のむらさき
住所:長岡市摂田屋3-9-35


ドライブポイント:機那サフラン酒本舗
住所:長岡市摂田屋4-6-33


ドライブポイント:星野本店
住所:長岡市摂田屋2-10-30