新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 大和SIC 工場見学ドライブ/魚沼市

2019年5月23日 ONAIR

   
魚沼醸造!きれい!でかい! 2F UONUMA KOJI SALON
原料の米を保管・選別します。 米を水に浸し、蒸し、冷まし、糀菌をつけます。
ここで糀を仕上げます。 出来上がった糀はサラサラ。
糀石鹸完成!
糀スイーツ&ドリンク。

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は「工場見学ドライブ」

 関越道・大和SICから約5分、糀製品を作る「魚沼醸造」さんにお邪魔します!

 なんだか新しくて綺麗ででかいですよ!

 

 今日は営業本部長さん自らのご案内です!

「建物が随分きれいですけど、いつ出来たんすか?」

「はい、この春からの操業ですね。」

 どうりで新築の匂いがするわ。

 この魚沼醸造さんは、世界有数の規模を誇る糀工場なのですが、ここで操業するまではいろいろな選択肢があったようです。

「全国数十か所を回って、ここ魚沼に決めました。」

 魚沼醸造さんの母体は、あの「マルコメ味噌」さん。

 全国の建設候補地を回った結果、ここ魚沼に工場をかまえたそうです。

「魚沼の水、そして米がよかったんですよね。」

 うんうん、魚沼を選んでいただきありがとうございました!

 

 では、工場見学!

「まずはこちらのシアタールームで、映像をご覧ください。」

 専用のシアタールームがまあキレイ!

 そこらの映画館より全然キレイ!

 そして、映像のクオリティーも素晴らしい!

 魚沼の魅力満載の内容で、なぜ魚沼が選ばれたのか納得です!

 その後は、近代化された工場内を見て回ります。

 糀の作り方は、ざっくり以下の通り。

①~原料のお米を水に浸します。

②~水に浸したお米を蒸します。(炊かずに蒸すのね)

③~蒸したお米を冷まします

④~30度くらいになったら、麹菌をつけます。

⑤~温度・湿度が調整された「製麹室」で糀完成!

 途中何度も異物などを選別して、製品の安全管理も万全です。

 驚いたのは、人の少なさ。

 正直、我々が見学している間、工場内で誰にも会いませんでしたよ。

 今の技術は凄いんだね!

 工場を回って2Fに上ると、おしゃれで綺麗なスペースが。

「ここは、魚沼糀サロンといいまして、糀甘酒を使ったドリンクやスイーツが楽しめたり、お土産が買える場所となっています。」

 さらには体験もできますよ!

 我々が挑戦したのは、糀甘酒石鹸つくり!

 専門の女性スタッフさんが丁寧に教えてくれますよ。

 作り方はとっても簡単!

 糀が入った石鹸の元に、オイルとハーブを加えて混ぜるだけ!

 オイルとハーブはお好みのものを選べるので、オリジナルの石鹸を作れますよ。

 所要時間は20~30分ですかね。

 

 その後は、カフェで糀甘酒を使ったドリンク&スイーツを楽しんだり、雪室を見せてもらったりと、とにかく見どころ&やること満載です!

 工場を見て終わりってんじゃなくて、いろいろ体験できるのも嬉しいっすね!

 

 見学はブラリでもいいそうですが、余裕がある方は予約の電話をしてから行ってみてくださいね!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:魚沼醸造
住所:魚沼市十日町1791‒10(水の郷工業団地内)