新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

北陸自動車道 三条燕IC ものづくりの匠に学ぶドライブ/燕市編

2019年9月5日 ONAIR

   
ファクトリーフロント店内。 燕三条の製品がズラリ!
こちらで作っている名刺入れ。 まずはトンカチで叩く!
クリームで磨きます! おたきちゃん、雑!
奥には職人さんが!
あざした!!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は「ものづくりの巧みに学ぶ」ドライブ!

 北陸道・三条燕ICから約15分、「ファクトリー フロント」さんにお邪魔しました!

 外観は普通の工場って感じですが、中に入るとおしゃれなブティックみたいな作り!

 センターには木製のお家みたいなディスプレーもございます。

「ここって、お店になるんすか?」

「そうですね、ここで作っている名刺入れや燕三条で作られている製品、全国の商品も扱っています。」

 じゃあさっそくお店の中を見せていただきましょう!

「これが当社の名刺入れですね。」

 大きさはどれも同じだけど、色?材質が違うみたい。

「すべて金属製なんですが、素材が違うんですね~。」

 ホントだ、銅、真鍮、チタン・・・いろいろあるわ。

 それぞれに重さや風合いが違うんすね。

 かっこいいビジネスマンに似合いそう。

「この辺は、燕三条で作られてる商品ですね~。」

 うんうん、アタシも結構持ってるヤツ多いわ。

 SUWADAの爪切り、やっとこの包丁、紫檀の箸・・・。

 県央の優れた製品を発信する、アンテナショップみたいな役割もあるのかな。

 

 お店を一回りさせてもらったら、本日のメイン「ワークショップ」です!

 平たく言えば、製作体験っすね。

「今日は、真鍮のアクセサリー作りをしてもらいます!」

 挑戦者はアタシとおたきちゃん。

 アクセサリーは、ピンバッチと髪ゴムの2種類から選びます。

「俺、髪の毛結ぶほどないから、ピンバッチでいい?」

「そうしましょう。」

 ってことで、役割分担決定!

「まずはこの真鍮の丸い板を、コレで打って模様をつけます。」

 直径3cmくらいの真鍮の丸い板(おたきちゃんは四角)を、トンカチデトントンします。

 ツイキ銅器のイメージっすかね。

「なるたけ模様が重ならないようにやってください。」

 じゃあなるたけ慎重にやったほうがいいな~なんて思っていると、隣から

~ガンガンガンガンガンガンガン!~

 おたきちゃん猛烈な勢いで叩いてんすけどぉ!!(笑)

「今重ならないようにって・・・。」

「えっ?勢いが大事だと思って!」

~ガンガンガンガンガンガンガン!~

 もうトンカチが止まらねえ!(笑)

 やはりNEXCO伝統の「雑さ」が継承されているようです。

「模様ができましたら、このクリームで磨いてください。」

 特殊なクリームで表面を磨くと、黒い汚れ(?)がどんどん出てきます。

 目には見えない金属カスなのかな~。

 3分もこすってると、ピッカピカになりました。

「ではここから、模様を作っていきますね。」

 ピカピカを残したい部分にマスキングテープを貼って、金属が露出している部分は、金たわしみたいなヤツで傷をつけていきます。

「おんなじ方向からこすって下さいね。」

 この作業でつけた傷(線)で、角度によって輝きが変化するのです。

 おたきちゃんも無言で集中しているようです。

「できました!」

 さすが作業早いな、おたきちゃん!

「じゃあ、マスキングテープをはがしてください。」

「はい!・・・・・・えっ!なんで??!!」

 おたきちゃんの作品を見ますと、対角線がずれてる!

 しかもかなり!!

「「「いや、雑!!」」」(笑)

 その後、先生の補修作業も入りなんとか完成!

 時間的には、30~40分程度ですかね。

 お子さんにも簡単にできると思いますよ!

「こういう体験を通して、若い人や女性にも職人さんに興味を持ってもらいたいですね。」

 うんうん、この熱意があるうちは、職人の町・燕三条も安泰ですな!!

今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:FACTORY FRONT
住所:燕市東太田14-3(株式会社MGNET 内)