新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

日本海東北越自動車道 荒川胎内IC 豪農の館で秋の味覚を味わう

2019年10月3日 ONAIR

   
東桂苑 奥が使用人用、手前が家族の居間。
本座敷。 碁盤の目を模した「碁天井」
この辺もおしゃれ! 庭も素敵!
本日のお弁当!
渡辺さん、ありがとうございました!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週も秋のおすすめスポットをご紹介します!

 日東道・荒川胎内ICから約20分、関川村役場すぐ近く「東桂苑」です。

 役場から歩いて1分かな。

 ご案内いただくのは、ボランティアガイドの渡辺さんです。

「この東桂苑は、渡邉邸の分家の家なんです。」

 はいはい、あの以前お邪魔しました渡邊様の分家ね。

 どうりで立派な建物ですわ。

 ん?ガイドの渡辺さんはもしや・・・と思いましたが、直接の関係はないそうです。

「建物は明治38年に建てられまして、昭和の50年代から関川村が管理しています。」

 当時の建設技術の粋を集めて建築されたそうで、ただ立派ってだけじゃない。

 いろんな所がしゃれてます。

 主人の寝室の天井なんかもオシャレよ。

「天井を見てください。何かに似てるでしょ?」

 なんだ?

 天井になが~い棒が、格子状に組まれています。

「ここの天井は、碁天井って言われてまして、ちゃんと碁盤と同じマス目になっているんですよ。」

 ご主人が碁が好きすぎて、寝室で寝る際、この碁天井を見上げながら、寝る直前まで碁について考えておられたんですって!

 天井にアイドルの等身大ポスター貼ってたアタシと大違い!

 2階の客間前の廊下も素敵!

「自然の木のフシをいかして、こんな風に使ってるんですよ。」

 普通板の中に、でっかいフシがあると嫌われますが、わざと木のフシを抜いて、壁材として使っています。

 フシの穴を通して、外の光が入ってくる仕組み。

 どの穴も、大きさ形が違うので、独特の味があるのです。

 イライラして部屋の壁に穴開けちゃったアタシと大違い!

 庭も素敵よ~!

 本座敷から眺める景色は最高っす!

 なんなら一日ここに居てもいいくらい!

 そんなアタシに朗報!

 この本座敷で、庭を眺めながらお弁当が食べられるのです!

「関川村の料理屋さんが提供しているお弁当です。」

 地元の旬なものとか期待できそうでしょ?

 このお弁当は、3業者5種類から選べて、値段は1500円と2500円がございます。

「今日の弁当は?」

「当然・・・1500円です!」

 まあ予算があるからね。(笑)

 でも1500円のお弁当も相当立派よ!

 地元の食材を中心に使ってるとのことなので、関川の旬なモノが季節ごとに味わえちゃう!

 しかもこのお屋敷で、素敵なお庭を眺めながらだからね!

 いまどきファミレスでご飯食べたって1500円くらいするわけじゃん?

 ファミレスでの1500円と、東桂苑での1500円・・・だいぶ違うと思うけどな~。

 ちなみに東桂苑、入場料は100円です!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:東桂苑
住所:岩船郡関川村大字下関906−2