新潟のドライブなら「NEXCO東日本 Presents ヤンの気ままにドライブ」

関越自動車道 長岡IC 歴史探訪ドライブ/長岡市編

2020年2月13日 ONAIR

   
馬高縄文館 巨大縄文式土器
レプリカ触れます! こっちはホンモノ!
これほとんどが本物の出土品! 縄文ビーナス「ミス馬高」!
石で作った斧
岡本太郎直筆サイン!

RSS 自動的に最新のヤンの気ままにドライブを入手するには、左のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。

※iTunesはこちらからダウンロードできます

  YouTube YouTubeで取材の様子を動画で見る事も出来ます!ヤン気まチャンネルはこちらから

※環境によっては再生出来ない時があります。
※詳細はヘルプページをご確認ください

 今週は「歴史探訪ドライブ」です!

 今回は時代をぐぐっと遡って、縄文時代に注目!

 関越道・長岡ICから約5分「馬高縄文館」です。

 ご案内いただくのは、スタッフの野水さん。

「ここは馬高・三十稲場遺跡にかかわる資料を紹介する博物館です。」

 あの教科書にも載っている遺跡の場所にたっている博物館です。

 玄関入ってすぐのロビーには、巨大な土器のレプリカや、実際に触れるレプリカなどあって、序盤から縄文ムード満点であります!

 

こちらの馬高縄文館、常設の展示ゾーンは3つ。

 まずは「火炎土器ゾーン」から!

 内部に入りますと、さっそく土器が!

「こちらの土器が、昭和11年に発見された火焔土器です。」

 おお~~!!これ教科書にも載ってるヤツ!!

「今から5000年位前のものだと言われています。本物です。」

 出ました本物!!

 っつ~かここに展示してあるものは、ほぼほぼ本物!

 なんかロマン感じるな~。

「う~~ん、なんか凄い荒々しいデザインっすよね?」

「はい。ただ、土器を作るのは女性の仕事だったと言われているんですよ。」

 へ~、てっきり男子が作ってると思ってたわ。

 一体この奇抜なデザインに、どんな意味が込められていたんでしょうね。

 このままずーっと見ていられそうだったので、次のゾーンへ!

 

 「遺跡ゾーン」

 こちらは、馬高・三十稲場遺跡での生活と縄文文化を紹介しています。

「この矢じりなんか凄い細かいしごとしてますよね!」

 3cmくらいの大きさの矢じりなんだが、かなり精巧に作られてます。

「材料の石も、関東をはじめいろいろな場所から取り寄せてるんですよ。」

 ほほ~、縄文時代から各地との交流があったんすね。

「こちらはミス馬高ですね。」

 ん?これもなんかで見たことあるぞ。

 女性の上半身をかたどった人形?

「この時代の遺跡からは、こういう土偶が結構出てくるんですよね。」

 その中でも「ミス馬高」はサイズがでかくて、珍しいんですと。

 しかし、何に使っていたかは・・・謎!

 土器のデザインしかり、ビーナスしかり、縄文人はどんな思想を持っていたんでしょうね。

 

「収蔵体験展示室」

 馬高・三十稲場遺跡の発掘の歴史と遺物収蔵庫を紹介しています。

 通常ですと、こういう場所って公開しないのが普通ですが、ここは展示スペースに組み込まれてるんですね。

「土器なんかでもそうなんですが、一つ分まるごと出てくることってあんまり無いんですよね。」

 なので、一部出てきた欠片から、全体を想像して修復するそうな。

 そんな過程の土器も間近で見ることができますよ。

「ん?これは?」

「これは、岡本太郎さんの直筆サインですね。」

 おお~、芸術は爆発だ!の岡本太郎さん!

 彼も縄文式土器、中でも火焔土器に心を奪われた一人!

 確かにこの発想の自由さは、誰かの真似とかじゃ出来ない代物ですよね。

 

 最近では一部のビリーバー界隈で、

「世界の文明は、日本の縄文文化がルーツだ!」

 ってな説が唱えられているそうです。

 まあ確かに、そんな風に思わせてくれる馬方縄文館でした!!


今週のMP3
音声ファイル(MP3)が直接ダウンロードできます。

ドライブポイント:馬高縄文館
住所:長岡市関原町1-3060-1